マキちゃんち

主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

さらば我が愛/覇王別姫

ちょっと時間があったので、以前録画しておいた「さらば我が愛 覇王別姫 」を見ました。
序盤、ちょっとグロテスクなシーンもありましたが、とてもきれいな映像で、約3時間の映画を一気に見ました。

主演は、レスリー・チャンとチャン・フォンイー、コン・リー。
レスリー・チャンは、香港映画の男たちの挽歌などで日本でも人気のあった俳優さんですが、残念ながら2003年に亡くなりました。
もう一人のチャン・フォンイーは、レッドクリフの曹操でお馴染みの俳優さん。
最近では武則天というドラマで李世民の役で出演していて、娘と一緒に見ていました。
コン・リーは「王妃の紋章」や[SAYURI」に出ていた女優さんです。
王妃の紋章も色彩がとてもきれいで面白かった映画です。

映画は、、1920年代の中国からはじまり、娼婦の母親に京劇の子供養成所に入れられた少年と心を寄せる先輩京劇役者が、過酷な体験をしながら京劇役者に成長しますが、その後日本統治下の時代、戦後の文化大革命と時代に翻弄され、過酷な運命を生きていく物語です。。
究極の三角関係というか・・・。
とにかくレスリー・チャンが素敵なのです。
  

レスリー・チャンは俳優だけではなく歌手としても有名だったのですが、1980年代、私はどちらかというとレスリーよりダニー・チャンのほうが好きだったのです。
ダニー・チャンはどちらかというとお行儀のいい歌手のイメージがありました。
当時は二人で映画に出演したりもしていたそうです。
また、当時の日本のポップスのカバーも歌っていました。
残念ながら、ダニー・チャンも若くして亡くなりました。

最近中国語の映画は見ていなかったのですが、またレスリーの作品を見たくなりました。
次は、ブエノスアイレスにしようかな。