マキちゃんち

主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

お気に入りの布巾

いつも使っている布巾をまとめ買いしました。
 

ここ数年、台所で使う布巾は蚊帳ふきんを使っているのですが、いろんな蚊帳ふきんを使ってみた個人的な感想を書いてみたいと思います。

 

白雪ふきんは白いものも、柄物も使ってみました。
こちらは1年半ほど使った白雪ふきんです。

 

 

 

 

木綿とレーヨンの混紡なので、縫い糸が縮みました。

白い白雪ふきんは布の大きさがかなり縮みました。

でも台拭きなどでは、圧倒的なパワーを見せてくれます。

ただ、8枚重ねなので、乾きにくいです。

特に、白の白雪ふきんは乾きづらい。

 

次は中川政七商店の布巾。

 

 
2年ほど使った布巾です。
結構丈夫です。
こちらの布巾は6枚重ねだと思います。
木綿100%で、いろんな柄があり、楽しい気分で作業ができます。
また、型くずれが少なく、縫製も丁寧です。
ただ、少々お高いです。
それでも買いたくなる布巾です。
 
そして、最近、まとめ買いしている布巾が
 
image
 
福市祐徳堂さんのふきんです。
10枚まとめて買うので、1枚300円ほどになります。
中川政七商店さんのふきんより、若干織りの目が荒いです。
ただ、私の使い方が、ざざっとまとめて拭いたら、そのままバケツに入れて、翌日まとめて洗濯するので、気になりません。
枚数多く使います。
 
中川政七商店さんの布巾は旅行に行ったらご当地柄の布巾が観光地で売られていたりします。
そんな時に自分にお土産に買ってきたりしています。
 
ただ、私の好みとして、木綿100%のものがやっぱり好きですね。
シミが付くと、塩素系漂白剤が使えるものが好きです。
中川政七商店さんのものも、シミが残ったら漂白しています。
色物の花ふきんは漂白できないことを書いていますが、普通の布巾は、短時間なら使っています。
オキシクリーンを使って漂白する方法もありますが、短時間で済ませちゃいたい性格なので、塩素系です。
 
おろしたての布巾は、食器や調理器具を吹くのに使いますが、その後、台拭きに。
ぼろぼろになってきたら、換気扇の掃除やグリルの掃除に使ってお役御免にしています。
2年ほど使うことになりますから、自分の好きなもので作業がしたいです。