マキちゃんち

主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

干しいも

 

昨日は、夏が戻ってきたんじゃないかと思うくらいの暑さ。

12月ですよぉぉ。

でも、これから寒くなるそうです。

週末は冷え込むから、気をつけましょうね。

 

さつまいもをたくさんいただきました。
さつまいもは、スイートポテトにしても美味しいし、芋天も大好き。
日曜市の芋天も、とても有名です。
そうそう、高知には芋天の粉も売っているんですよ。
スーパーにもありますし、生協などでも取り扱っています。

 

 

これが美味しいんですよ。

でも、今回は干しいもを作ります。
レシピはこちらを参考にさせていただきました。

 

Cpicon 市販品に負けないぞ~!!黄金色の干し芋 by *べーぐる*

 

まずはお芋を洗います。

 

f:id:makichanchi:20181205114806j:image

 

そして炊飯器で茹でます。
芋を炊飯器に入れて、3合くらいの水を入れます。

 

蓋をして、玄米コースで炊飯。
年代物の炊飯器ですが、こんなときには大活躍です。

 

f:id:makichanchi:20181205114849j:image

 

ぴ~と鳴ったら、中の容器を取り出します。

 

f:id:makichanchi:20181205114907j:image

 

ここからはスピード勝負ですよ。
とにかく温かいうちに作業します。
まずは芋の皮を剥きます。竹串を使って向くときれいに剥けます。

 

f:id:makichanchi:20181205115005j:image

 

こんな感じです。

 

f:id:makichanchi:20181205115028j:image

 

そして、包丁で、縦に切ります。
繊維に沿って切りますよ。

 

f:id:makichanchi:20181205115057j:image

 

網やザルに乗せて乾燥させます。
毎日ひっくり返しながら2日ほど。

 

f:id:makichanchi:20181205115116j:image

 

我が家は柔らかめが好きなので、2日で完成です。
袋に入れて冷蔵庫で保存します。

 

f:id:makichanchi:20181205115142j:image

 

これは、晴天が数日続くときに作業してください。
そうしないとカビが生える原因になって、せっかくの作業と材料が無駄になっちゃいます。

食べたら、自然の甘さでとても美味しいです。
玄米コースでじっくり火を通すので、干しいもにはピッタリのベッチャリ感です。

これ、年内にもう1度作る予定です。
癖になりますよ。