マキちゃんち

主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

ダンボールコンポスト 準備編2

昨日は、昼はポカポカ陽気でしたが、花粉がすごくて、洗濯物を取り込んで畳んでいるとくしゃみと咳がひどく、目がとても痒くなりました。

しばらくは室内干しにしたほうがいいのかな?

 

前回は、ダンボールコンポストのカバーについてを書きましたが、今回はダンボール箱の組み立てになります。

 

 

どんなダンボールがいいの?

ダンボールは、できるだけ丈夫なものを準備してください。 

スーパーやドラッグストアでもらえますが、スナック菓子の入っているものより、もっと重たいものが入っていた箱のほうが丈夫です。

 

今回は娘の会社から、ダンボール箱をもらいました。

今回のダンボールは二重になっています。

 

f:id:makichanchi:20190305132845j:image

 

もし丈夫なダンボールがない場合は、ダンボールを2重にはめ込んで使います。

 

ダンボールを組み立てる

まずは、底をクラフトテープで貼ります。


f:id:makichanchi:20190305132811j:image

 

そして、底の角の両端もテープを張っておきます。


f:id:makichanchi:20190305132836j:image

 

そして、底の大きさに切った、ダンボール(別のもの)をはめ込んで、底は2重にしておきます。

f:id:makichanchi:20190305132819j:image

 

次は蓋の部分を立てて、箱を深くします。


f:id:makichanchi:20190305132833j:image

 

この部分にも、しっかりとテープで張っていきます。


f:id:makichanchi:20190305132815j:image

 

4隅の蓋の部分を貼っていきますが、ダンボールを貼りあわせている面は、下まで一気に貼っておきましょう。


f:id:makichanchi:20190305132827j:image

 

はい完成しました。

 

 

設置しよう

それでは設置していきます。

 

f:id:makichanchi:20190305133008j:plain

 

ダンボールは地べたにそのまま置くのではなく、レンガ、もしくはブロックにバーベキュー用の網を敷いて土台とし、その上に設置します。

コンポストの中から湿気が出るので、地べたに置くと、湿気が逃げずにダンボールがぼろぼろになってしまいます。

その上にダンボールを設置します。

 

f:id:makichanchi:20190305133122j:plain

 

中に入れるのは

 


f:id:makichanchi:20190305141209j:image

f:id:makichanchi:20190305141205j:image

 

ピートモスとくん炭です。

ピートモスは20リットル、くん炭は12リットルのものを購入しました。

ピートモスは主に土壌改良材として使われています。

ダンボールコンポストでは微生物が発酵する基材となります。

くん炭は臭い取りの役割も果たしてくれます。

 

f:id:makichanchi:20190305133132j:plain
f:id:makichanchi:20190305133118j:plain

 

まず、ピートモスを入れます。

今回は20リットル全て入れました。

その上からくん炭を入れます。

袋の1/3くらい入れましたから、4リットルくらいだと思います。

そしてよくかき混ぜます。

 

これで準備は終わりました。

必ず、カバーを掛けてください。

 

f:id:makichanchi:20190305133137j:plain

 

カバーの作り方はこちらです。

 

www.makichanchi.com

 

さて、次は実践です。

 

ありがとう

shinpon 参加になります!!! 

ありがとうございます。

簡単ですから、これからの季節、うちでは重宝しています。