マキちゃんち

主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

フランスパンにチャレンジ

手作りパンはいろいろ作るのですが、ハード系パンは本当に苦手です。

去年の手帳はじめのときに「今年の目標 バケットを50本焼く」と書いてあったのですが、この目標は叶いませんでした。

 

フランスパンは、材料がシンプルなだけに、コネや発酵、クープなど、とても高度な技です。

私にとってハード系パンは、レシピ発展向上委員会の案件です。

 

レシピ発展途上委員会とはまだ未完成のレシピを何度も施策しながら、我が家流の味とより簡単な手順で、レシピ完成を目指す一人文化部クラブのことです。

まだまだ分量は変わっていきます!!

 

 

材料

フランスパン用小麦粉 250g

水 180cc

塩 5g

ドライイースト 2g

モルトエキス 2g

 

 

作り方

こねる

材料をボウルに入れて、ひとまとめにして、その後マットに出してこねる。

ここは、ニーダーにおまかせしてやってもらいました。

 

f:id:makichanchi:20190315200625j:image

 

発酵

こねすぎないように気をつけて、コネ上がったら、20分発酵。

その後、パンチをして、80分間発酵させる。

もう一度パンチをして、80分発酵させます。

(合計3回発酵させます)

 

生地が2倍くらいに膨らんでいますね。


f:id:makichanchi:20190315200925j:image

 

ベンチタイム

軽くパンチをして、マットに取り出し、2分割します。


f:id:makichanchi:20190315200645j:image

 

丸め直して、乾燥しないように濡れ布巾をかけて、ベンチタイムを20分取ります。

f:id:makichanchi:20190315200613j:plain
f:id:makichanchi:20190315200641j:plain

 

成形

今回は、去年購入した秘密兵器を使います。 


f:id:makichanchi:20190315200609j:image

 

これは、フランスパン天板という商品です。

バケットを焼く際に一番苦手だったのが、パンマットで発酵させて、それを鉄板に移す作業でした。

これがうまくいかなくて、気泡を潰してしまったりしてきれいに焼けなかったんです。

そこで、この天板を購入しました。

布取りから焼成まで、この型に入れて焼きます。

 では、成形します。

生地を手で横長に伸ばします。


f:id:makichanchi:20190315200617j:image

 

記事の真ん中を目安に上の生地を折ります。


f:id:makichanchi:20190315200634j:image

 

そして、下の生地も折ってくっつけます。


f:id:makichanchi:20190315200621j:image

 

くっつけた面を上にして、その真中にもう1度折込見、くっつけます。


f:id:makichanchi:20190315200637j:image

 

成形できたら、折り込んだ面を下にして、型に入れます。


f:id:makichanchi:20190315200649j:image

 

二次発酵

濡れ布巾をかけて、60分ほど発酵させます。


f:id:makichanchi:20190315200630j:image

 

そして、発酵が終わる少し前にオーブンに天板を入れて、250度で予熱します。

 

発酵が終わったら、ぷくっと丸く膨らみました。

 

f:id:makichanchi:20190315200752j:image

 

焼成

オーブンの予熱が終わったら、クープを入れます。

私、このクーペが下手なんです。


f:id:makichanchi:20190315200746j:image

 

そして、たっぷりと霧吹きをかけておきます。

オーブンに入れて、250度で18分焼きます。


f:id:makichanchi:20190315200834j:image

 

我が家のオーブンでは、型がオーブンの天板にうまくはまらないので、天板を逆に入れてその上に乗せて焼きます。

 

18分後、焼き上がりました。


f:id:makichanchi:20190315200839j:image

 

ちょっと焦げましたね。


f:id:makichanchi:20190315200843j:image

 

冷めてから切ってみると


f:id:makichanchi:20190315200830j:image

 

気泡のデコボコは普通ですね。

パンブロガーさんの作られるパンの気泡は素晴らしくボコボコしていますが、そこまではボコボコしていませんでした。

 

食べてみたら

少しだけ味見をしてみたら、小麦粉の香りがして美味しかったです。

シンプルなパンなので正直ですね。

今回はリズドゥルを使いましたが、粉を変えてみるとまた違う感じになるかもしれませんね。

 

今後の改良点

焼成時間を、もうちょっと短くしようと思います。

今回は250gの粉に対して180ccの水を使いました。(加水率72%です)

手粉は少量で、扱いやすい生地でした。

少し練習をしてなれてきたら、75%にしてみたいです。

 

クープは本当に難しいです。

エッジが立ちません。

これも練習あるのみですね。

 

フライパン天板は初心者向きでストレスなく作れます。

これはおすすめです。