マキちゃんち

主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

ゼンマイの炒め煮

先日、主人の実家からゼンマイを戻したものをいただきました。

ゼンマイって、結構手間がかかるんですよ。

春にゼンマイを収穫したら、木灰を加えてアク抜きをし、揉み込んで干します。

からからになったものを保存します。

初めて見たとき、干からびたミミズかと思っちゃいました。

そうやって保存しておいて、食べる際、水に戻して調理するのですが、義母はまず15~20分間煮ておき、その後、水に数時間つけて戻します。

また、ゼンマイも天然に生えているものと栽培しているものでは、最初に煮る時間が違うそうです。

もちろん太さでも違ってきます。

天然のゼンマイは少しだけ長めにするそうです。

以前は、干したゼンマイをもらって戻していましたが、微妙に戻す時間が短かったり、長くてべちょっとした感じになったりで、難しいです。

そんな私のことを知ってか、最近では戻したものをもらうようになりました。

義母が戻したゼンマイは本当に美味しいのです。

 

結婚するまでは、ゼンマイは高級品で、ほとんど食べたことがありませんでしたが、結婚してからは、頻繁に食べることができるようになりました。

 

我が家の定番の食べ方は炒め煮です。

戻したゼンマイを食べやすい長さに切って、サラダ油で炒め、砂糖、薄口しょうゆ、和風だしのもとで炒めます。

そして少し冷めたら、味が中に入ります。

いっぱいもらったので、保存容器に入れて冷蔵庫に。

 

f:id:makichanchi:20190323182526j:image

 

私と子どもたちは大好きなのですが、小さい頃からゼンマイを食べていた主人は、あまり好きではありません。

主人に言わせると、山菜は雑草なんだそうな・・・。

んんん・・・贅沢だなぁ。

 

後、ほうれん草とブロッコリーをたくさんもらいました。

 


f:id:makichanchi:20190323182626j:image

f:id:makichanchi:20190323182622j:image

f:id:makichanchi:20190323182630j:image

 

ほうれん草は、茹でて切ってから、半分は、ナムルに。

ナムルは、ダシダと塩を入れてよく味をなじませてから、ごま油を入れて混ぜ、最後にごまをたっぷり振り入れます。

もう1品は、ほうれん草のおかか炒め。

茹でて切ったほうれん草をサラダ油で炒め、砂糖、醤油、鰹節を入れて炒めて完成。

ブロッコリーは固茹でして保存します。

 

緑の野菜は、お弁当の彩りにも便利ですね。

 

ほうれん草のナムルを作っている時、ビビンバが食べたくなりました。

にんじんの千切りをさっと炒めて塩とごま油で和えたものと、牛肉を少し甘辛く炒めたものとほうれん草のナムルともやしのナムルを丼ごはんの上に乗っけて目玉焼きをちょっと乗せてコチュジャンを乗せたら、美味しいよね~~。

また、作ろうかな。 

 

ありがとう

記事ゼロウェイストロットコンポスト順調そうですね!よそのお宅のコンポストの様子を聞くのが無性に楽しみなのはなぜなんでしょうね😅

私も、他のお宅のダンボールコンポストをのぞかせていただきたいです~~。

気になりますわ~~。