マキちゃんち

主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

産直市めぐり

道の駅や産直市めぐりが、最近のマイブームになっています。

高知県内でも、地域が変わると、野菜や鮮魚などいろいろ違ったものを見つけることができます。

高知市から東部に、安芸市の方に向けて車を走らせます。

 

 

 

やすらぎ市

香南市夜須町のやすらぎ市です。

やすらぎ市はヤ・シィパークという海の公園の中にある農産物直販所です。

数年前、ザ!鉄腕!DASHの0円食堂にも登場しました。

 

f:id:makichanchi:20190327170800p:image

 

メロンやフルーツトマトの他、新鮮な野菜がいろいろ並んでいます。

新玉ねぎやゴーヤも並んでいて、早速買ってきました。

後、高知名物の芋けんぴも販売しています。


f:id:makichanchi:20190326175732j:image

 

お隣の事務所ではお雛様の展示をしていました。

少し古い時代のお雛様もありました。


f:id:makichanchi:20190326175735j:image

 

安芸しらす食堂

夜須町から車で約30分。

海沿いにあるこのお店は、1階がしらすや安芸市の物産の販売店、2階が食堂となっています。

お昼前に到着したのですが、もう、すでに食堂は満席。

名前を書いて順番を待ちました。

その間にメニューを見たり、しらす干しや、安芸市の物産も見ることができます。

また、以前は阪神タイガーズが春季キャンプにも来ていたこともあり(現在は2軍がキャンプに来ています)タイガーズグッズも販売しています。

なまえが呼ばれて、少し急な階段を登り食堂に上がります。

注文したのは、日替わり定食しらす丼。


f:id:makichanchi:20190326175728j:image

 

しらす丼、ドロメのかき揚げ、汁物、漬物、かちりちりめんです。

ドロメのかき揚げは、はじめての食感でした。


f:id:makichanchi:20190326175747j:image

 

どろめにおそらく山芋のようなものを混ぜて揚げているんじゃないかと思います。

トロンとした食感がなんとも言えない美味しさです。

しらす丼も新鮮なしらすを使っているので、とても美味しいです。

 

田野駅屋

安芸しらす食堂から30分弱車を走らせて、JR他の駅の下にある道の駅です。

 

f:id:makichanchi:20190327185531p:image

 

このお店は野菜のほか、鮮魚もいろいろ取り扱っています。

サバのみりん干しも美味しそうでした。

ここで、私のおすすめは魚のすり身。

早速買って帰り、新玉ねぎのみじん切りもたっぷり入れててんぷらにしました。

後、卵の巻きずしが美味しそうだったので、お寿司も購入。

 

ぢばさん市場

田野町を後にして高知市に戻ります。

そして最後に立ち寄ったのが、安芸駅。


f:id:makichanchi:20190326175715j:image

 

安芸市は作曲家、弘田龍太郎の出身地で、童謡の里としても有名です。

こんなかわいいモニュメントもあります。


f:id:makichanchi:20190326175739j:image

 

そして安芸駅のマスコット、あきうたこちゃん。

デザインはやなせたかしさんです。


f:id:makichanchi:20190326175719j:image

 

こちらのお店も、なかなか広いです。

こちらの店でも、ナスとピーマンときゅうりを買いました。

新鮮で、ナスもピーマンもつやよく、ピーマンはトゲに注意です。

 

まとめ

いろいろなお店に立ち寄り、野菜を買ってきました。

過去に行ったことのある直売店の中には、観光客用の価格をつけた店もありましたが、今回行ったお店は、安くて新鮮な野菜ばかりでした。

すり身と新玉ねぎは早速料理して食べました。

 


f:id:makichanchi:20190327164331j:image

f:id:makichanchi:20190327164326j:image

f:id:makichanchi:20190327164334j:image

 

ゴーヤ、ナス、ピーマンは後日料理します。

新鮮な野菜がいっぱいあり、嬉しいです。