マキちゃんち

主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

家計簿ソフト

先日も書きましたが、現在手書きで書いている家計簿を家計簿ソフトに変更しようと考えています。

以前も家計簿ソフトで漬けていたのですが、、パソコンの不調で修理に頻繁に出していたので、手書きに変えていました。

 

手書きにすると、とにかく数字を見ながら記入するので、収支の数字が嫌でも入ります。

ソフトで付けていたときには、残高を合わすことに必死で、中を見直すことがおざなりになっていました。

ただ、手書きの場合は、自分で電卓を入れることになるので、その分時間がかかります。

月末や年末の締めになると、それだけで時間がかかるんです。

どちらにも一長一短があるわけです。

ただ、ここ数年手書きで付けていたので、どこを見るべきかがわかってきた気がしています。

また、最近はスマホやパソコン、両方から管理できるオンライン家計簿もありますが、

我が家では通帳をオンライン登録もしていまいし、通帳名義が主人のものもあるので、めんどくさいので使いません。

 

今まで使っていた家計簿ソフトは「あっと家計簿」というシェアウェアのソフトです。

フリーの「Money通帳」を使っていて、便利そうだったので、あっと家計簿に切り替えました。

mcraft.main.jp

ソフトで家計簿を付ける場合は最初に現金、通帳、クレジットとかを登録する必要があります。

これに少々時間がかかりますが、それさえすませば、楽ちんになります。

また、あっと家計簿やMoney通帳は、最初に、品目がかなりの数登録されているので、とりあえずは、すぐ使うことができます。

フリーのMoney通帳はこちら。

mcraft.main.jp

 

あっと家計簿を数年使っていましたが、結構便利です。

ただ、少し不満もあります。

クレジット決済は、締め日と支払日を登録するのですが、意外とずれて請求されることが多いのです。

これを手作業で直し、支払ったものには自分で印をつけていたのですが、ここはもうちょっと工夫がほしいところです。

それと、外税で一括して計算してくれるのはいいのですが、小数点切り捨てなので、結構金額が違ってきます。

四捨五入にしたほうがいいと思います。

 

一応、今回他のソフトも試してみたかったので、フリーのソフトを2つ並行して試していこうと思っていますが、早くも、初期設定がめんどくさいものもあります。

時間かけて試していきます。

 

ただし、課題もあります。

10月からの低減税率により、8%と10%が混在することになり、また、外税を導入する店舗が増えてきたので、それによっては、大手の老舗のソフトに乗り換えるかもしれません。

でも、1つ1つ8%か10%を選んで記入するのは面倒ですよね。

項目で税率が決まっているのでそこにも対応してほしいですね。

そこにも工夫がほしいところです。