マキちゃんち

主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

新しい電卓と家計簿

10月に入り、何かとバタバタした毎日を送っています。

新聞のチラシをみていても、「当店は5%還元を行っています」と書かれている店が多く、その店がどのキャッシュレスサービスが使えるか調べていました。

近くのスーパーで使っているedyを数枚、waon、nanacoは持っていました。

新たにスマホで使うサービスを導入。

チャージをして使います。

早速、ヒートテックを買いに行かなくては・・・。

 

10月からの増税のため2種類の税の計算ができる電卓を購入しました。

以前使っていたものは1種類だけの税の計算だったので、2種類あるのは家計簿をつけるのに便利です。

 

f:id:makichanchi:20191004194645j:image

 

6月までは手書きで家計簿をつけていたのですが、縦横計算が面倒で以前パソコンで使っていた家計簿ソフトを使っていましたが、今回の税率に対応していないので手書きに戻すことにしました。

手書きとソフトと使い比べて、どちらにも一長一短があります。

ソフトを使うと、品物と金額を打ち込むと全てやってくれます。

通帳の管理もできるので、我が家の全資産などもひと目で分かります。

ただし、私の場合、残高がかっちりあうことで満足してしまい、毎月の数字を見返して反省することが少なくなってしまいました。

手書きの場合、毎日つけることで毎月の変化、使いすぎ、年間を通して光熱費の変化などがよくわかります。

また、毎月の給料とボーナスを別にしてそれぞれ使うものを分けるので、数字がわかりやすいです。

一番は、今月は赤字、今月で先月の赤字も埋め合わせした、とかがよくわかるんです。

ただ、毎月の縦横、年間の縦横計算は時間がかかります。

これをちょっと便利にしようかとエクセルで管理することにしました。


f:id:makichanchi:20191004194642j:image

 

昔はエクセルの教室にも通い、学級では優等生だったんですが、余り使うことがなかったので、関数なんて忘れてしまいました。

この表に数字を打ち込んでいって、まとめてオートSUMで計算することにします。

 

家計簿はづんさんの「づんの家計簿」を参考にさせていただいています。

これを長くつけているうちに、少しずつオリジナルになってきています。

チャージしたカードを使うことが多いので、その残高を書き込むページなどは金銭出納簿を印刷して使用。

私には、手書きのほうがあっていたのかもしれないなぁ、と思っています。