マキちゃんち

主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

奈良旅行 2

大掃除も年賀状もまだなのに、風邪を引いてぐずっています。

高熱が出なかったので、インフルエンザではないようですが、お腹の調子が良くないです。

 

前回の続きです。 

2日目は半日だけの観光になります。

オノボリさんなので、奈良定期観光バスを利用しました。

www.narakotsu.co.jp

観光バスは便利ですね。

以前東京に行ったときにも、はとバスを利用しました。

チケットをすべて準備してくれているので待ち時間なく中にはいれますし、バスガイドさんがガイドしてくれるのでよくわかります。

 

今回は奈良公園3箇所ツアーに参加しました。

バスのりばはJR奈良駅、もしくは近鉄奈良駅出発で近鉄奈良駅を9時25分出発。

東大寺ー春日大社ー興福寺を周り、12時30分頃戻ってくるコースです。

お値段は、入館料込みで4500円です。

 

まずは、東大寺。

行く道の途中から、鹿さんがお出迎えしてくれています。

 

f:id:makichanchi:20191203104159j:image

 

天平の時代、災害、国難を鎮めようと建立されました。

この日は、外国の観光客の方がとても多かったです。

中国語だけではないような言葉。

他の国からの方もいらっしゃいました。

貸し切りバスに乗って観光されていました。


f:id:makichanchi:20191203104141j:image

 

大仏様。

素敵なお顔をされています。


f:id:makichanchi:20191203104212j:image

 

お名前をわすれてしまいました。

 

その後、春日大社に向かいました。

この日は12月1日で、旬祭りが行われていて、駐車場がいっぱいで、途中からバスを下車し、歩いて春日大社に向かうことになりました。

殆どの観光バスがそうしていました。

そうしなかったら、後のスケジュールに影響出ますから。


f:id:makichanchi:20191203104205j:image

 

かなり参道を登っていきます。


f:id:makichanchi:20191203104152j:image

 

到着~。

残念ながら旬祭のため、奥まで入ることができませんでした。


f:id:makichanchi:20191203104209j:image

 

たくさんの灯籠が奉納されています。

とても美しい光景でした。

国宝殿を鑑賞した後、出口で鹿の親子。


f:id:makichanchi:20191203104145j:image

 

たくさんの鹿がいるのですが、この2匹が可愛かった~。

ガイドさんがおっしゃるには、普通の鹿の寿命は20年ほどなのですが、奈良の鹿の寿命は6年くらいなんだそうです。

人間の食べ物をもらって食べたり、紙を食べたりして、中には歯槽膿漏になっている鹿もいるんだそうです。

また、奈良市の鹿は天然記念物に指定されているので、死んでいる鹿を見つけたときには、警察に通報しなくてはいけないそうです。


f:id:makichanchi:20191203104201j:image

 

国宝殿の入り口に置かれている鼉太鼓。

鎌倉時代のものは、国宝殿の中にあります。


f:id:makichanchi:20191203104156j:image

 

そして最後に興福寺に。

春日大社と興福寺は、中臣鎌足(後の藤原鎌足)の息子藤原不比等ゆかりの神社とお寺です。

こちらでも国宝館を見学し、教科書にも登場する阿修羅像を見学することができます。

 

今回、バスツアーで回ったのですが、ただ1つ不便なのは、時間に追われてしまい、もうちょっとゆっくり見学したいな、と思うところまで回ることができないところですね。

東大寺と興福寺はもう少し時間をかけて回りたいところでした。

※奈良定期観光バスは、興福寺で解散し、ここから自由に回ることもできます。

今回は、足の弱い母が一緒だったので、バスで奈良駅まで帰りました。

 

二日間でたくさんの国宝クラスの宝物 、建物、世界遺産を回ることができました。

でも、まだ周り足りないところもあります。

少し勉強をして、もう1回回りたいところがたくさんできました。

 

高知に向かう帰り道に、柿の葉寿司を買って食べました。

初めて食べたのですが、美味しかったです。

(お腹空いていたので写真なし・・・)

 

今回おみやげに買ったお菓子で一番お気に入りだったのがこちらです。


f:id:makichanchi:20191203104148j:image

 

菊屋さんの、御城之口餅です。

豊臣秀吉がたいそう喜んで食べられたそうです。

現在の店主が26代目だそうで、歴史のあるお菓子屋さんの1品です。

甘すぎず、きなこの風味が豊かな上品なお菓子でした。

あっという間に食べちゃいました。

 

後、私の大好きなふきんも購入したのですが、その話は次回に。

 

ありがとう

宝塚大劇場や法隆寺、西本願寺など行ったことのある場所がたくさん出てきてとても懐かしい気持ちになりました。楽しい旅の思い出が出来てよかったですね♬

天気予報では、2日目の天気は午後から雨、と言われていましたが、晴れていて、暑いくらいでした。

ラッキーな旅でした。