マキちゃんち

主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

自家製酵母

この1週間、全国的に豪雨となり、吸収を始め、全国で多くの被害が発生しました。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

ここのところ雨が続くので、ほとんど家で過ごしていました。

気温も高くなってきたので、久しぶりに自家製酵母を起こそうと思い、干しぶどうとライ麦で酵母起こしをはじめました。

酵母は身近な野菜や果物などにあり、消毒した瓶に果物を入れて浄水した水と少量の砂糖を加え密閉し、1日1~2回蓋を開けて空気を入れて、発酵が始まるのを待ちます。

干しぶどうは比較的安定して発酵しやすいと言われています。

ただし、オイルコーティングをしていないものでないといけません。

そしてライ麦は同量の水でといて発酵させ、翌日ライ麦と水を継ぎ足し、それを繰り返しながら発酵させていきます。

 

とりあえず2種類作っていたのですが、ライ麦はものすごいニオイがして、これはちょっとまずいんじゃない?とか思い、処分しました。

初心者が本を見ながら作るので、ニオイはよくわかりません。

とにかく、このニオイが続くものをパン生地に混ぜるのは嫌だったので処分しました。

干しぶどうの方は、順調に発酵して1週間足らずで完成しました。

 

 

f:id:makichanchi:20200708135614j:image

 

冷蔵庫に保管していたので雫がついています。

これを使って、数回小麦粉と酵母液を混ぜて発酵させることを繰り返して中種を作るのですが、もっと元気な酵母を作りたいと思って、干しぶどうの酵母液を少し混ぜて、ヨーグルト酵母を作りました。

 

この方法は、佐原文枝さんの本を参考にしています。

 

 私のパンは自己流で色々本を購入してチャレンジしたのですが、パンに酸味がなく、元気な中種を作ることができるので、この方法が気に入っています。


f:id:makichanchi:20200708135622j:image

 

ヨーグルトと水、砂糖、酵母液を加え発酵させます。

今回は2日でヨーグルト酵母液が完成しました。

 

そしてここから中種を作ります。

水の代わりに酵母液を入れてパンを作っても、パンは膨らむのですが、安定して膨らむようにするために中種を作ります。

 

小麦粉と酵母液を1:1でよくかき混ぜて室温で発酵させます。

4~6時間位で2倍に膨らみます。

膨らんだら冷蔵庫で一晩休め、翌日、また酵母液と小麦粉を1:1で混ぜて発酵させます。

これを3日間つないだら完成です。


f:id:makichanchi:20200708135609j:image

 

これで、パンを作ることができます。

自家製酵母でハード系のパンを作るととても美味しいです。

さぁ、何を作るかこれから考えます。

 

ありがとう

イチゴのエコバッグがとても可愛らしいです🍓手作りエコバッグも作ってみたいと思います。

いちごのバック、かわいいでしょ~~

このメーカーはシーズンごとに柄が変わります。

この柄は3年くらい前の柄です。

モカリーナさんがエコバックを作ったら、私も真似ちゃうと思います!!

 

手作りのエコバック、いいですね~♪ 娘さんが喜んでくれたバンダナバック、お洒落です♪

バンダナバックは意外とおしゃれなんですよ~。

色も赤だけではなく、色んな色があるので何枚あってもいいなと思います。