MAKICHAN CHI

マキちゃんち~主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

雑記

今年も残り少なくなりました。

我が家の話になるのですが、週末から長男が熱を出しました。

かかりつけのお医者様はありますが、このご時世です。

コロナ相談センターに電話して、保健婦さんから、コロナの検査協力病院を受診するように言われました。

紹介された病院に電話して、時間を指定され、病院の指定された駐車場に行き、そこから病院に電話しました。

そして、まずは事務の方がマスク、フェイスシールド、手袋などを身に着けて車の方に来られて、保険証などの確認をして、その後、お医者さんと看護師さんが、同じくフェイスシールド、防護服、手袋をして車に来られました。

車の中で、問診、血液検査を受けました。

血液検査の結果、細菌性ではなくてウイルス性の可能性が高い、ということでコロナのPCR検査を受けました。

結果は2日後の朝、病院にFAXが届くらしく、その後、自宅に電話で連絡をしてくれることになりました。

熱が少しあったので、抗生剤と解熱剤、喉の痛みを緩和する薬を処方してもらい、お薬は隣の処方箋薬局の方に、処方箋をFAXで送ってもらい、病院の会計も薬局のお薬もすべて病院の駐車場で受けました。

同じ時間に、同じく発熱外来を受信している方が乗った車が数台来ていました。

医療機関の方々は本当に大変です。

本当にありがとうございます。

 

12月に入って高知県もコロナの患者さんが増えてきて、残念ながら亡くなる方も増えました。

結果がわかるのは2日後なので、それまで主人ともし陽性だったらどうするかということも話しました。

息子は自閉症で重度の知的障害があります。

一人で入院するのはおそらく無理でしょう。

そして私と主人も濃厚接触者になるので2週間外部と接触なく過ごすことになります。

まず、介護がつくことができるか、そういう情報は入ってきません。

外部との接触を断つ場合、食料品をどうやって調達するかなど、家族で話し合いをしておいたほうがいいです。

もし、私達も陽性だったら、我が家の犬はどうするか、誰に預かってもらえるか、次女のマンションは生き物禁止ですし、長女の家にはネコが4匹います。

万が一のことをきちんと決めておく必要があります。

 

幸い、息子は陰性でした。

だけど、もし家族が感染したら、どのようにするかを考えさせられた数日間でした。

 

ありがとう

美味しそう2020/12/17

作り方は簡単で、ちゃんと蒟蒻になっていました~。

 

ビックリご家庭でコンニャクが作れるのですね✨おでん美味しそうです😺

この商品以外にも手作り蒟蒻キットは販売されているのですが、いずれもこんにゃく粉を使うので簡単に作れそうですよ。

おでんに入れて煮込むと、キリキリして美味しかったです。