MAKICHAN CHI

マキちゃんち~主に日々のキッチンからのお話を書きます。たまにドラマや脱線話・・・

カスタードレーズンパン

東京の桜が満開になったというニュースが放送されていましたが、高知市の我が家の近所の公園のソメイヨシノはまだ1~2分咲きです。

昨日から少し冷えてきて、朝晩は暖房器具が必要です。

 

さて、今日は、久しぶりのレシピ発展途上委員会案件のパン作りです。

甘い菓子パンを作りたいと思い、チャレンジ。

パン生地はいつも私が作っているパン生地で、お惣菜パンやおやつパンなどいろいろに使い回せます。

作るものによって少し砂糖の量を加減しています。

先に言っておくと、今回は失敗でした。

美味しかったのですが、失敗作です。

 

レシピ発展途上委員会とはまだ未完成のレシピを何度も施策しながら、我が家流の味とより簡単な手順で、レシピ完成を目指す一人文化部クラブのことです。

まだまだ分量は変わっていきます!!

 

 

材料

(パン生地)

  強力粉       250g

  砂糖        20g

  塩         3g

  牛乳        180cc

  バター       20g

  ドライイースト   3g

 

(カスタードクリーム)

  カスタードパウダー 100g

  牛乳        200cc

  

  干しぶどう     60g

  くるみ       20g

  スライスアーモンド 適宜

 

作り方


f:id:makichanchi:20210323150759j:image

 パン生地のバター以外の材料をニーダもしくはホームベーカリーに入れてこねます。

15分くらいたって生地のグルテンが薄く伸びるようになったらバターを混ぜてこねます。

(最近、パン作りをするときは手ごねの場合も機械こねの場合も油脂はあとから入れるようにしています)

 

その後、30℃で40~50分一次発酵をさせます。

干しぶどうとくるみは水に10分間つけて、ザルにあげておきます。

 

f:id:makichanchi:20210320201946j:image

 

そしてカスタードクリームは手作りしても良かったのですが、マーラーカオを作るために買っていたカスタードパウダーを使ってみることにしました。

 

作り方はとにかく簡単。 

 


f:id:makichanchi:20210320202045j:image

f:id:makichanchi:20210320202052j:image

 

本来は牛乳ではなく水を加えるのですが、今回は牛乳で。

パウダーと牛乳をボウルに入れてただ混ぜるだけ。

最初は白かったのが、1分くらい混ぜていたらクリーム色になりました。

この商品、卵不使用でクリーム色はクチナシの色のようです。

 

パン生地の方は

 


f:id:makichanchi:20210320202128j:image

f:id:makichanchi:20210320202133j:image

 

約2倍の大きさになるまで発酵させます。

発酵がすんだら、軽くパンチを入れてガス抜きをし、丸め直して濡れ布巾をかぶせて、ベンチタイムを20分間取ります。 

 

f:id:makichanchi:20210320202723j:image

 

パン生地に軽く小麦粉を振って、綿棒で横35×縦30くらいに伸ばします。

下から2/3くらいまでカスタードクリームをぬり、レーズンとくるみをまぶして下からくるくる巻き込みます。

ここで失敗しました。

この分量のカスタードクリームが多すぎました。

シナモンロールのようにくるくる何回も巻くことができず、1周半くらいしか巻けませんでした。

 

ロールにした生地を10分割してアルミホイルカップに乗せて、30~40分間二次発酵を取ります。

つや出し用の卵をパン生地に塗り、スライスアーモンドを乗せます。

190℃のオーブンで12~13分間焼いたら完成です。 

 

f:id:makichanchi:20210320202727j:plain

 

反省点

クリームがカップにあふれていました。

カスタードクリームの量を1/4くらいにしたほうが扱いやすかったです。

また、レーズンの量も少し多すぎて、全体に甘すぎるパンとなりました。

 

これは、まだまだ改良の余地あり。

新しい目標ができました。

やりかけのレシピは色々残っています。

生クリームを使わない高級食パン風食パン、フランスパン。

まだまだどれもこれぞという形になっていませんが、ちょこちょこチャレンジしています。

 

なかなか思うようにブログの更新ができていませんが、進展したらまた覚書にしたいと思います。